NFT 暗号資産

NFTクリエイター&コレクターが"損しない"暗号資産取引所

2022年5月18日

ビットコイン

本記事では「NFTクリエイター&コレクターにおすすめの暗号資産取引所」を紹介します。

この記事でわかること

  • イーサリアムでNFTを購入するのに損しない暗号資産取引所

OpenSeaでNFTを購入するには、イーサリアム(ETH)を暗号資産ウォレット(メタマスクなど)に送る必要がありますね。

NFTを売買するには、下記の手順が必要です。

  • 国内の暗号資産取引所に日本円を入金
  • イーサリアム(ETH)を購入
  • イーサリアム(ETH)を暗号資産ウォレットに送金

上記のなかで暗号資産取引所を選ぶポイントは、下記の3つ。

ポイント

  • 日本円の入金手数料
  • 取引所(板取引)でイーサリアムを購入できるか
  • イーサリアムの送金手数料

結論、イーサリアムを購入してNFTを購入するまでの手数料を考えると「GMOコイン」がおすすめです。

以下でその理由を解説します。

日本円の入金手数料が無料

GMOコインでは、下記の対応金融機関であれば「即時入金」を利用すると、手数料無料で入金できます。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

メジャーな銀行なので、いずれかは口座を持っていますよね。

もし上記の銀行口座を持っていなければ、1,000件以上の金融機関に対応している「DMMビットコイン」にするのもよいでしょう。

取引所(板取引)でイーサリアム(ETH)を購入できるか

「販売所」ではなく「取引所(板取引)」でイーサリアム(ETH)を購入できるか?も重要です。

販売所」は、暗号資産取引所(GMOコイン)から購入する形式のため、スプレッド(購入価格と売却価格の差)という実質の手数料が発生します。

「取引手数料が無料」と言っているものの、売却価格よりも購入価格を高くすることで、実質の手数料となっているわけですね。

一方で「取引所(板取引)」は、暗号資産取引所が提供する"板"を通して、直接ユーザー間で取引するため、手数料がなく「販売所」よりも安く購入できるのです。

つまり必ず「取引所(板取引)」で買いましょう。

アイコン
ごりん

そこでポイントとなるのが「取引所(板取引)」でイーサリアム(ETH)を購入できるか?です。

国内の主要な6つの暗号資産取引所を見てみましょう。

暗号資産取引所取引所(イーサリアム)
GMOコイン
ビットフライヤー
ビットポイント
ビットバンク
コインチェック
DMMビットコイン

上記のようにほとんどの暗号資産取引所でイーサリアムを購入できますが、「コインチェック」や「DMMビットコイン」は板取引で購入できないのです。

DMMビットコインは「取引所(板取引)」がありません。その分、スプレッドは他の暗号資産取引所と比較して安くなっています。

イーサリアム(ETH)の送金手数料

OpenSeaでNFTを購入するには、暗号資産ウォレットにイーサリアム(ETH)を送金しないといけません。

※もし、まだ暗号資産ウォレット「メタマスク」をもっていない方は、下記の記事も参考にどうぞ。

なのでイーサリアム(ETH)を暗号資産ウォレットに送金するときの手数料も重要ですね。

暗号資産取引所送金手数料(ETH)
GMOコイン無料
DMMビットコイン無料
ビットポイント無料
ビットフライヤー0.005ETH
コインチェック0.005ETH
ビットバンク0.005ETH

送金手数料0.005ETHということは、相場が1ETH=30万円とすると、イーサリアムを送るだけで1,500円の手数料がかかるということです。

しかもETHの相場が上がると手数料も上がるので、バカにできないですよね。

まとめ

「GMOコイン」の特徴をまとめます。

  • 入金手数料が無料(対象の銀行)
  • 取引所(板取引)でイーサリアム(ETH)を購入できる
  • 送金手数料が無料

以上より、NFTクリエイター&コレクターにおすすめする暗号資産取引所は「GMOコイン」となります。

もっとほかの暗号資産取引所の特徴もみたい場合は、下記の記事で比較していますので参考に。

ちなみに、NFTを購入しない場合でも「GMOコイン」を一番におすすめしています。

それでは、手数料はなるべく抑えてNFTを楽しみましょう。

アイコン
ごりん
  • この記事を書いた人

ごりん

フリーランス・一級建築士|大学卒業後に建築・設備設計事務所に就職。3年間は設計・積算・工事監理業務を経験 → 建設関連のコンサル会社に転職し、4年間はコストマネジメントや調査業務に従事。 → 2022年8月から30歳でフリーランスに。|会社に頼らず個人で生きるヒントを自らの実践を通して発信。

-NFT, 暗号資産