メタバース

Vroidで3Dキャラクターモデルをかんたんに作成する方法

2022年1月16日

Vroidモデル
1時間で作成したモデル

今回は「Vroid Studio」でかんたんに3Dキャラクターモデルを作成する方法を解説します。

上図のモデルは、はじめてVroidを使った私が1時間ほどでサクっと作成したモデルです。

こんな方におすすめの記事です

  • なにもスキルは持っていないけど…創作してみたい。
  • デザインセンスないけど…つくってみたい。

「Vroid Studio」にはすでにデザインされたパーツが用意されています。

なので基本的に顔や服装などパーツを選んでいくだけなので、だれでも簡単にできますね。

ただ形状や高さ・幅などパラメータで細かく調整できるので、しっかり作りこもうとすると奥が深いツールでもあります。

今回はVroid Studioに登録して、モデルを作成、Vroid Hubにアップロードするまでの手順をていねいに解説します。

Vroid Studioをダウンロード

VroidStudioインストール

まずは「Vroid Studio」でソフトウェアをダウンロードしましょう。

「Windows版」「MacOS版」を選んでPCにソフトウェアをいれるだけ。

VroidStudioインストール

インストール先を指定して「次へ」。

VroidStudioインストール

これで「Vroid Studio」のセットアップは完了です。

簡単ですね!

Vroid Studioでモデル作成

VroidStudioインストール

それでは「Vroid Studio」でモデル作成をはじめましょう。

VroidStudioインストール

利用規約、プライバシーポリシー、ガイドラインに同意します。

VroidStudioインストール
VroidStudioモデル作成

「新規作成」に進みます。

体型

VroidStudioモデル作成

最初に「女性」「男性」の体型を決めましょう。

VroidStudioモデル作成

こちらが初期状態のモデルになります。

ここから各パーツを選んで作成していきます。

髪型

VroidStudioモデル作成

まず「髪型」を選んでみます。

髪セットは、ほぼ女性しかないですね…。

明らかに男性の髪型にみえるものはなかったので、男性っぽい髪型を選んでみました。

VroidStudioモデル作成

マウスのホイールを動かすと、拡大・縮小することができます。

衣装

VroidStudioモデル作成

つぎは「衣装」を選びます。

衣装もセットされているものは全て女性もの…。

ここでも一番男性っぽい服装を選んでおきます。

アクセサリー

VroidStudioモデル作成

「アクセサリー」は特にありませんでした。

ルック

VroidStudioモデル作成

「ルック」のところでアウトラインの太さや陰影など、パラメータで調整することができます。

今回はそこまで踏み込まず、初期設定のままで次に進みましょう。

VroidStudioモデル作成

マウスの右クリックをしながらドラッグすると、モデルの角度を変えることができます。

VroidStudioモデル作成

正面に戻して「顔」を設定します。

今回はすでに「顔セット」として作られたものを選択するだけ。

もっと細かく調整したい場合には、右の「パラメータ」設定から微調整できます。

衣装

VroidStudioモデル作成

「衣装」は先ほど「全身セット」で選びました。ここでは「トップス」「ボトムス」「靴」と個別に設定していきます。

トップスは「黒いパーカー」に。

VroidStudioモデル作成

やはり衣装も女性ものが多く、男性にも使えそうでトップスに合う「ボトムス」をチョイス。

ちなみにマウスのホイールをクリックしたままドラッグすると、モデルの大きさはそのまま位置を移動することができます。

VroidStudioモデル作成

スニーカーも変えておきましょう。

撮影

VroidStudioモデル作成

顔や服装の設定が完了したので、右上のカメラアイコンをクリックして「撮影」に進みます。

撮影では「表情」や「ポーズ&アニメーション」などを設定できます。

ためしに「喜び」のパラメータを大きくすると表情ががにっこりと変わりましたね。

VroidStudioモデル作成

「ポーズ&アニメーション」ではポーズを設定すると、モデルがアニメーションで動きます。

背景

VroidStudioモデル作成

「背景」では画像を取り込んでモデルの背景にすることができます。

自分で適当に撮った写真を背景にしてみたものの、ちょっといまいちですね…。

これでモデル作成は完了とし、右上のアップロードボタンから「Vroid Hubへアップロード」を行います。

Vroid Hubのアカウント作成

VroidHub

まずは「Vroid Hub」でアカウントを作成しましょう。

VroidHub登録

アカウントを作成。

VroidHub登録

登録方法を選択します。

わたしは「Twitterで続ける」にしました。

VroidHub登録
VroidHub登録

Twitterで登録した「メールアドレス」と「パスワード」を入力。

VroidHub登録

プロフィールを入力して「アカウントを作成」

VroidHubログイン

「Vroid Hub」にログインして完了です。

Vroid HubとVroid Studioを連携

VroidHubログイン

「Vroid Hub」のアカウントを作成できたので「Vroid Studio」と連携。

「Vroid Studio」で作成したモデルを「Vroid Hub」にアップロードできるようにします。

VroidHubログイン
VroidHubログイン

「Vroid Hub」で取得した認可コードを「Vroid Studio」にコピー。

Vroid StudioからVroid Hubへモデルをアップロード

VroidHubアップロード

「新しいキャラクター」でOK。

VroidHubアップロード

適当にキャラクター名を決めます。

VroidHubアップロード

これで「Vroid Hub」へアップロードが完了しました。

VroidHubアップロード

アップロードする際にサムネイルを撮影する必要があるため、表情やポーズなど設定したら右下のカメラマークから撮影をしましょう。

VroidHubアップロード

撮影した写真でよければ「アップロード」します。

VroidHub

これで「Vroid Hub」にアップロードが完了し、モデルが作成できました。

はじめてでしたが1時間ほどで作成できてクオリティも高い。

こういうのイチから作成できるスキルのない人にとっては素晴らしいツールですね。


【画像の出典】

  • Vroid Studio
  • Vroid Hub
  • この記事を書いた人

ごりん

フリーランス・一級建築士|大学卒業後に建築・設備設計事務所に就職。3年間は設計・積算・工事監理業務を経験 → 建設関連のコンサル会社に転職し、4年間はコストマネジメントや調査業務に従事。 → 2022年8月から30歳でフリーランスに。|会社に頼らず個人で生きるヒントを自らの実践を通して発信。

-メタバース