ブログ

Xserverよりもシン・レンタルサーバーが優れる3つのメリット

2022年7月18日

ネットワーク

本記事ではWebサイトを運営するうえで必須のレンタルサーバーについて、「Xserver」よりも「シン・レンタルサーバー」が優れる3つのメリットを解説します。

レンタルサーバーといえば「Xserver」が有名で多くの人が利用していますよね。

でも実は「シン・レンタルサーバー」も優秀なのです。

ワニくん

「Xserver」と言えば、利用者数No.1のレンタルサーバー界の王者ですよね。

それよりも優れるって、、本当に大丈夫なの…?

実は「シン・レンタルサーバー」も同じエックスサーバー社が運営しているんですよね。
なので安心感もあるし、実際に当サイトでも使っているレンタルサーバーですよ。

アイコン
ごりん

この記事でわかること

  • 「Xserver」と「シン・レンタルサーバー」の違い
  • 「シン・レンタルサーバー」が「Xserver」よりも優れている点

「Xserver」と「シン・レンタルサーバー」の違い

「Xserver」も「シン・レンタルサーバー」も同じエックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。

そのため、基本的な機能は全く同じ

シン・レンタルサーバーはXserverよりも先に、いち早く新機能を搭載していくコンセプトから下記のメリットがあるサービスです。

  • 利用料金が安い
  • サーバー処理速度が速い

以下では、もう少し具体的に解説していきます。

アイコン
ごりん

Xserverの特徴

Xserverは国内No.1の利用者数をもっている人気の高いレンタルサーバーです。

運営のエックスサーバー株式会社は2004年に設立され、歴史と実績のある会社ですね。

迷ったら「Xserverにしておけば間違いない」そんな安心感のあるイメージ。

選ばれる理由は下記の通りです。

  • 超速サーバー環境で大量アクセスにも強い
  • サイト運営に便利な充実機能
  • 安心・安全な運用実績と充実のサポート体制

シン・レンタルサーバーの特徴

シン・レンタルサーバー
出典:シン・レンタルサーバー

サーバー速度と安定感のある「Xserver」に対して、「シン・レンタルサーバー」の特徴は革新性と価格の安さです。

特徴は下記の通り。

  • 「Xserver」の最速性能のさらなる飛躍を目指し、最新技術を野心的に続々搭載
  • 「Xserver」と同じ各種機能、同じサーバー管理ツールを採用
  • 厳格なリソース管理で他ユーザーの影響を受けずに安定稼働

「Xserver」と同じ機能を持ちながら、最新技術を積極的に取りいれる分、リスクを考慮して安くなっています。

例えると「Xserver」は大手企業、「シン・レンタルサーバー」はベンチャー企業です。

「Xserver」は大手企業なので、最新技術を取り入れるにも慎重で、いくつもの検証を行ったうえで導入されます。

なので安定感や安心感はあるものの、どうしても時間やコストがかかってしまいユーザーの利用料金も高くなってしまいますね。

対して「シン・レンタルサーバー」はベンチャー企業なので、スピード重視でリスクをとって最新技術をすぐに導入していきます。

実績は少ないけど、その分コストは抑えられる、そんなイメージです。

「Xserver」vs「シン・レンタルサーバー」

Xserver vs シンレンタルサーバー
2022年7月18日時点

それでは「Xserver」と「シン・レンタルサーバー」の価格と機能を比較していきましょう。

アイコン
ごりん

実際に「Xserver」と「シン・レンタルサーバー」を比較してみると、違うのは利用料金だけでした。

Xserverシン・レンタルサーバー
スタンダードベーシック
プレミアムスタンダード
ビジネスプレミアム
ビジネス
横並びが同スペックのプラン

プランは「Xsever」が3種類、「シン・レンタルサーバー」が4種類あり、上図で横並びにあるプランが同じスペックに該当します。(例:Xserverのスタンダードプラン=シン・レンタルサーバーのベーシックプラン)

当サイトは「シン・レンタルサーバー」のベーシックプラン(12か月)で契約しており、十分なスペックと感じています。

アイコン
ごりん

はじめてサーバー契約をするかたは、一番安いプランにしておきましょう。

エックスサーバーのレンタルサーバーは途中でプラン変更ができるので、容量が必要になったらグレードアップするかたちでOKですね。

それでは各サーバーの一番安いプランの価格を比較します。

Xserver(スタンダード)シン・レンタルサーバー(ベーシック)
3か月更新19,140円11,880円
6か月更新17,820円11,880円
12か月更新16,500円10,560円
※Xserverは初期費用3,300円含む

上表では1年間新規で契約した場合に、それぞれ3か月更新、6か月更新、12か月更新のパターンを示しています。

12か月分新規契約すると、なんとシン・レンタルサーバーはXserverよりも5,940円もお得になるのです。

スペックや機能、特典が同じで価格が安かったら文句なしですよね。

アイコン
ごりん

Xserverがキャンペーンを開催して初回契約時の利用料金が安くなっている場合があります。ただ2年目以降は通常料金に戻る場合が多いので、長く使うならキャンペーン価格を除いた基本料金の安い「シン・レンタルサーバー」の方が長期的に損がないですね。(同じエックスサーバー社が運営しているので、両サービスが同時にキャンペーンを行っている場合が多いです。)

シン・レンタルサーバーのデメリット

ワニくん

スペックや機能、特典が同じなのに安いのはすごいですね。

でもやっぱりデメリットもありますよね…?

実は、当サイトですでに半年以上「シン・レンタルサーバー」を使っていますが…何ひとつエラーが起きていません。

アイコン
ごりん

「シン・レンタルサーバー」のデメリットは、正直なところ私のサイトでは全く感じておりません。

あえて挙げれば、「Xserver」よりも不具合が起きる可能性が高いのかも。

でもトラブルは「Xserver」でも起こりうることですし、「Xserver」と比較してリスクと言えるほどではないと考えます。

同じエックスサーバー社が運営しているので、会社を信用していれば特に問題ないでしょう。

そもそも頻繁にトラブルが起こるほうが珍しいですよね。

「シン・レンタルサーバー」のサポートとも実際にやりとりし、しっかり対応頂いた経験もあるので、わたしは特に心配していませんね。

シン・レンタルサーバーのメリット

「Xserver」ではなく「シン・レンタルサーバー」にするメリットは下記の3つです。

  • 利用料金が安い
  • サーバー速度が速い
  • Xserverと同じ機能・管理ツールのため使いやすい

利用料金が安い

一番のメリットは、やはり「Xserver」と同じ機能なのに利用料金が安いことですね。

「Xserver」もキャンペーンで「シン・レンタルサーバー」と同じくらい安くなっているときもありますが、同時に「シン・レンタルサーバー」もキャンペーンを行っていることが多いです。

なので基本的には「シン・レンタルサーバー」が安いと考えておけばOK。

それにキャンペーンが適用されるのは初回契約だけなので、今後も長期で利用しておくことを考えると、通常料金で比較しておくことをすすめます。

サーバー速度が速い

「シン・レンタルサーバー」は最新技術を続々と搭載していくコンセプトなので、「Xserver」よりもサーバー速度が速いのが特徴です。

実際に当サイトで使っていて、サクサク動くので快適です。

アイコン
ごりん

サイトのページ表示が遅いだけで、ユーザーの離脱につながってしまいます。

「Xserver」でも十分に早いとはいえ、速ければ速いほど良いですよね。

Xserverと同じ機能・管理ツール

シン・レンタルサーバー サーバーパネル

「シン・レンタルサーバー」は「Xserver」と同じスペック・機能をもっているだけでなく、サーバー管理ツールも全く同じものが使われています。

エックスサーバーの管理画面がすごくわかりやすいので、使いやすいです。

使い方が分からなくなっても、「Xserver」で出てくる検索結果も同じように利用することができますね。

わたしは元々「さくらのレンタルサーバー」を使用したので、「シン・レンタルサーバー」に乗り換えてから使いやすさに驚きました。

アイコン
ごりん

まとめ

以上が「Xserverよりもシン・レンタルサーバーが優れる3つのメリット」でした。

「シン・レンタルサーバー」にするとエックスサーバーの安心感・使いやすさに加えて、コストも抑えることができ、さらにサーバー速度も速くなって良いことづくめです。

…それでもやっぱり実績と安心感のある「Xserver」にしておきたいと思うのも良い考えです。

自分にしっくりくる方を選びましょう。

  • この記事を書いた人

ごりん

フリーランス・一級建築士|大学卒業後に建築・設備設計事務所に就職。3年間は設計・積算・工事監理業務を経験 → 建設関連のコンサル会社に転職し、4年間はコストマネジメントや調査業務に従事。 → 2022年8月から30歳でフリーランスに。|会社に頼らず個人で生きるヒントを自らの実践を通して発信。

-ブログ